エクステリア、外壁塗装をキレイにしよう。

色んな工具

注意点

雨漏りによる二次被害及び注意点とは

新築の住宅を購入したとしても、月日が流れると住宅もそれなりに傷んできます。ですがそれは仕方が無い事ではありますが、できるだけ長く住むには日頃のメンテナンスが重要な鍵となりそうです。 住宅の修理で多いのが雨漏りですが、やはり直接雨風を受けてダメージが一番ある屋根や外壁からの雨漏りが最も多いと言えます。 そこで注意点として、築年数によっては屋根や外壁は手入れをした方が良いのですが、もし雨漏りになってしまい柱などから伝って雨漏りしている場合は、二次被害として内部の柱などが腐敗している可能性が高いでしょう。 そうなると外観だけ修理をしても、腐敗した中の修理も必要となる場合もあり、壁や天井に穴をあけての修理となるので時間も手間もかかってきます。

雨漏りを未然に防ぎたい場合はどうすれば良いのか

さて雨漏りを未然に防げるのであればそれが一番良いのですが、できれば工務店などで定期的にメンテナース及び点検をしてもらった方がいざという時に安心です。 また自分でも目で確認したり、外壁などは亀裂や劣化により衰えてくるので、自分なりに修理を要しても良いでしょう。例えば壁などの隙間をパテで埋めるなどできる範囲でメンテナースをすることにより、隙間からの雨漏りも防げるかもしれません。 やはり素人では限度がありますが、劣化による建物の隙間を埋めるだけでも違ってくるのではないでしょうか。最近では数多くのパテや修理材料などが売られているので、一度ホームセンターを訪れて見るのも良いかもしれません。 家は大切な財産なので大切にしたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP